仕事

30代前半から後半で会社辞めたいと思う人が多い理由【仕事についていけない】

30代前半から後半で会社辞めたいと思う人が多い理由【仕事についていけない】

最近は30代で会社を辞めていく人、めちゃめちゃ多いですよね。

昔と違って、終身雇用制度を求めてる人が少なくなったのが理由の一つだと思いますが、気軽に働く環境(会社)を変えられる世の中っていいなぁと思います。

もしこの記事を読んでいるあなたが、「30代で転職するのは遅いのかな…」と感じているなら、全然そんなことはないと思います。

30代で会社辞める人なんてゴロゴロいますし、毎日不満を抱えながら過ごすよりはよっぽどいいはずです。

30代で転職は全然手遅れじゃない


僕はいわゆるIT系の会社で正社員として働いていますが、毎月のように辞めていく人新しく入社する人がいます。

決してブラックではなく、残業がゼロなのでむしろホワイトな会社ですが、そんな会社でも頻繁に辞めていく人は絶えません。

辞めていった知り合いから話を聞いてみると、

  • 上司と話が合わない
  • 他にやりたいことが見つかった
  • 今よりも給料あげたい
  • 飽きた
  • 仕事についていけなくなった

など、いろいろな理由があります。

僕が今働いている会社は、辞めたいと思ったらサクッと辞める人が多いのですが、以前まで僕が働いていた会社だと、まったく逆でした。

20代後半の先輩が、「いやー俺ももうすぐ30代になるから転職は手遅れかなぁ」と言ってるのを聞いて、(この人何言ってるんだろう??)と疑問に思ったことがあります。

30代で転職するなんてわりと普通の世の中なのに、まだ20代のうちから「手遅れかもしれない」と悩んでいる理由はなんなんだろう、と当時は僕なりに考えました。

考えた結論は、「転職するのは手遅れかもしれない」と言ってる人って、本気で転職しようと思っていないということです。

会社の不満・愚痴を言う人ほど何もしてない


その先輩はよく会社に対しての不満や愚痴を言う人でした。

△△さんヤバくね?まじ仕事できないと思うわ
■■さんといると仕事進まないからキチぃんだけど

愚痴や不満があまりにも多かったので、その先輩に
そんなにストレス溜まってるなら転職とかは考えたりしてないんですかー?
と聞いたことがあります。

すると先輩は、
うーんやってみたいことはあるけど、もう30代なるし手遅れだと思うんだよねぇ
と現状維持する姿勢を崩しませんでした。

あぁ、この人はこうやってずっと愚痴を言い続けて、この会社に残るんだろうなぁ…と確信しました。

転職をするわけでもないし、なにか会社に対してアクションを起こすわけでもない、典型的な居酒屋で会社の愚痴を言ってストレスを発散させるタイプのサラリーマンでした。

僕はわりとサクッと辞めて、1年くらいニート生活をしたあとで転職をしましたが、それでも今は前職の2倍以上年収が増えてますし、残業もしないホワイトな会社で働けています。

その先輩と久しぶりにご飯を食べに行ったとき、相変わらず会社の愚痴を言っていました。

不満を言うならさっさと転職したら良かったのに…
と言いたいのをグッとこらえましたが…。

30代で次の仕事が決まってなくて辞める人は多い


今の会社では、次の仕事が決まっていなくても、「とりあえず辞めるわ」という人もけっこういます。

僕は20代で会社を辞めて1年ほどニート生活をしたのちに転職活動をしましたが、メンタル的になかなかシンドかったです。

お金がなくなってくると「早く転職先を決めなきゃ」という焦りも出てくるので、転職先はいま現在仕事をしているかたわらで探したほうが、個人的にはいいかなと思います。

次の仕事を決まってなくても辞めたいのであれば、1年-2年は余裕で暮らせるくらいの貯金がないと、後半けっこうツラくなります。

日雇いバイトも経験しましたが、30代で同じことができるかと言われると、「できるけど絶対にやりたくない」です(笑)

日雇いバイトは、労働に対してもらえるお金が少なすぎます。

30代で退職したらいったん旅に出るのもあり


もしお金に余裕があるのであれば、退職したあとでをしてみるのがおすすめです。

旅というと大げさに聞こえるかもしれませんが、国内旅行でもいいですし、平日の混んでいないタイミングに今まで行ったことのない土地に行ってみると、心と身体をリフレッシュさせることができます。

会社員をしていると、平日にまとまった休みを取るのはなかなか難しかったりするので、辞めたときにご褒美として自分に旅行をプレゼントするのもアリだと思います。

仕事についていけないなら30代でも転職は気軽にやったほうがいい


30代で転職は難しいと考えてる人は、きっと40代でも同じことを思うはずです。

40代になったらもっと手遅れなんじゃないか…と思い、いつまで経っても今の会社を辞めることができなくなります。

仕事についていけないのがツライのであれば、なる早でやめたほうが自分にも会社にとっても得だと思います。

自分が苦手な仕事をいつまでも続けるのはストレスでしかないですし、会社からしても生産性のない社員を雇うことはマイナスでしかありません。

ですので、転職はもっと気軽にやったほうがいいです。

転職が決まらないのは需要がない業界を選んでいるから


気軽に転職したいけど、なかなか新しい仕事先が決まらない
と落ち込んでいる人がたまにいますが、そういった人は需要がない業界を選んでいることが多いです。

転職先はこれまでの知識が活かせる会社である必要はないですよね。

まったく新しい分野に挑戦してみるのもありですし、事務作業しかやったことのない人が不動産の営業をしたっていいわけです。

大切なのは需要があるかどうかです。

SNSが流行り始めてから、

  • SNSの運用
  • SNSマーケティング
  • SNSリサーチ

をおこなう会社が爆発的に増えています。

20年前には考えられなかったことですね。

しかもこのような会社は年収も高く未経験でも採用してくれるところが多いです。

これは需要はあるけど人がまだまだ足りていない状況だからです。

時代によってどんな職種に需要があるかは変わってきますが、需要がある会社を探せば転職が決まらないということは起こらないと思います。
※もちろんやりたくない仕事を無理してやる必要はないですが

30代後半で会社辞めても人生はこれから


30代後半で辞めて、新しい業界へチャレンジするのは全然遅くないと思います。むしろ今の時代はそのような人のほうが多い気がします。

むしろなんとなく今の会社にい続けて、たいしたスキルを身に付けることもなく40代・50代へ突入した場合その先に待っているのはリストラかもしれません

今は大企業でも平気で社員をリストラする時代ですので、10年後・20年後に働いているためには、なにかしらのスキルを身に付けておいたほうがいいのは明らかです。

今の会社にいてもこれ以上スキルを得ることができないのであれば、新しい会社へ転職をしてスキルを身に付けたほうがいいのではないでしょうか。

将来も役に立つスキルを身に付けたいのであれば、IT関連がおすすめです。

SNSもITですし、これからはIT系の会社はますます増えていくと思われます。

プログラミングができなくてもIT企業で働くことは可能なので、転職サイトの求人情報をながめながら、自分がやりたくなりそうな仕事を見つけてみてはいかがでしょうか。