プログラミング

40代から未経験でプログラマー(エンジニア)になるための最短コース

40代から未経験でエンジニア、プログラマーになる方法について解説していきます。

まず始めに、完全未経験から40代でプログラマーになることは十分可能です

しかし、完全未経験の人を中途で採用してくれる企業というのは、残念ながらほとんどありません

いくらエンジニア不足な世の中とはいえ、新卒ならまだしも何の実績もスキルもない人をイチから育ててくれる優しい会社はそうそうないです。

となればやるべきことは一つで、企業へ転職活動をする前に、最低限のエンジニアスキル、プログラミングを覚えておくことです。

40代がプログラミングを独学で学ぶことは可能か


一昔前であれば、独学でプログラミングを学ぶには書籍を買って勉強するのが一般的でしたが、ありがたいことに今はインターネット上で無料でプログラミングを学ぶことが出来ます。

逆に無料の教材がありすぎて、初心者の方は何をやるのが一番良いのか分からないと思います。

多数ある無料教材の中で僕が個人的におすすめするのは、Progate(プロゲート)です。

Progate(プロゲート)はプログラミングをする上で重要となってくる、様々な知識の基礎を学ぶことができるサービスです。
※有料プランもありますが、基礎だけであればすべて無料で利用することができます。

無料の会員登録することで使うことができるようになります。

まずはこのProgate(プロゲート)でしっかりと基礎を学び、『プログラミングってこうゆうものなのか』という感覚を掴んでください。

始めのうちは分からないことが多いかもしれませんが、誰もが通る道ですので、本気でエンジニアになりたいのであれば逃げずに学習してください。

分からないことがあれば、Googleで検索すればたいていのことは解決することが出来ます。

独学で学んでいく場合は、『分からないことがある→調べる→分かる→また分からないことが出てくる→調べる…』の繰り返しになります。

ちなみに僕自身エンジニアを10年以上経験していますが、分からないことがなくなることは未だにありません。

日々分からないことが出てきたらネット上で調べてます。これは僕だけではなくすべてのエンジニアに共通して言えることです。

ただし、初心者の場合はそもそも何が分からないのかが分からない、という状況になることも多いです。

正直この状況が続くと、頭が働かなくなり、プログラミングがつまらないものになってしまう可能性があります。

これは本当にもったいないです

分からないことを1人で調べることに限界を感じている人は、独学で学ぶよりも、多少お金を払ってでも疑問点を解決してくれるようなサービスを受けた方が絶対にいいです

プログラミングスクールは沢山ありますが


オンラインでおこなっているプログラミングスクールは非常に沢山あります。

代表的なところでいうと、CodeCampTECH::CAMPなどがあります。
※名前は似ていますが、まったく別のスクールです

こういった有名なスクールに通うのはもちろん良いと思うのですが、料金面について悩む人は多いと思います。

というのも、上記のスクールはどちらも入会金+3,4ヶ月通うだけで、25万円以上もの費用がかかってしまうからです。

僕も実際に未経験からエンジニアになったわけですが、たかが3,4ヶ月でエンジニアとしての知識をつけることなど到底できませんでした。

さいわいなことに僕は新卒でエンジニアになったので、仕事をしながら先輩たちに教えてもらうことで、ようやくそれなりの成果を出せるようになりました。

1人では絶対に無理だったと思います。

なので、教えてくれる人が常にいる環境というのは非常に大切です。

そこでおすすめなのがSkill Hacks(スキルハックス)です。

スキルハックスは迫さんというエンジニア出身の起業家がおこなっているプログラミング学習講座で、なんと69,800円で無制限質問サポート付きの特典がついています。

正直この値段は破格だと思います。

口座の内容も、

  • HTML
  • CSS
  • Bootstrap
  • Ruby(Rails)

といった、WEBサービスを開発する上で重要な要素がすべて詰まっています。

初心者にとって分からないことを教えてくれる人の存在は何よりも重要なので、一度購入したら質問し放題という特典は何にも代えがたいと思います。

ですので僕個人としては、高額なプログラミングスクールに通うよりは、Skill Hacks(スキルハックス)でプログラミングを学んだ方が断然コスパが良いと考えています。

Skill Hacks

基礎を覚えたあとはフリーランス→転職の流れが良いかも

基礎を覚えたら、あとは自分で何かしらの作品を作ったり、フリーランスとして簡単な案件を受注することをおすすめします。

そうすることで少しずつ実績が積み重なっていき、転職する際に非常に有利になります。

基礎力さえあれば採用してくれる企業もあるので、いきなり転職活動をしてみるのももちろんアリです。

始めは誰もが未経験

今はベテランのエンジニアも、始めのうちはみんな未経験から始まってます。

ですので、現時点でプログラミング未経験だったとしても、エンジニアとして転職できる可能性は十分にあります。

エンジニアは給料面も悪くないですし、何より今後10年、20年でより需要が高まっていく職種なので、転職先としてはすごく良いと思います。

僕自身はエンジニアの中でもゲーム領域を専門にしていますが、プログラミングが出来ればどんな業界でも転職することが可能になってくるので、これもエンジニアのメリットだと思います。

是非新たな道へチャレンジしてみてください。