ライフハック

マインドマイスターの料金プランは全部で4種類【無料でも利用可能】

マインドマイスター料金プラン一覧

マインドマップ作成ソフト(ツール)におすすめなマインドマイスターの料金プランは全部で4種類あります。

そのうちの1つは無料プランですので、マインドマイスターがどんなソフトなのか分からない人は、無料プランを使ってみて、良いなと思ったら有料プランに変更(アップグレード)することをおすすめします。

それでは各プランを詳しく見ていきましょう。

マインドマイスター公式サイト

各料金プラン

マインドマイスターの料金プランは以下のようになっています。

ベーシックプランで出来ることはパーソナルプランでも出来ますし、パーソナルプランで出来ることはプロプランでも出来て、ビジネスプランは全ての機能が使えるようになっています。

ベーシック 無料
パーソナル 540円/月
プロ 915円/月 ※1ユーザーあたり
ビジネス 1,410円/月 ※1ユーザーあたり

ベーシック

マインドマイスターを使ったことがない人は、まずはベーシックから始めてみましょう。

ベーシックは無料ですので、マインドマイスターがどんなものかを知るためには、実際に使ってみるのが一番です。

ベーシックプランで出来ること

ベーシックプランでは、以下の3つが利用可能です。

  • 最大3つまでのマインドマップ
  • コミュニティサポート
  • リアルタイムコラボレーション

以前は無料プランだと1つまでしかマインドマップを作成できませんでしたが、今では3つまで作成出来るようになったようです。

運営にメールで問い合わせることも可能なので、もしネットで調べても分からないことがあれば、直接メールを送れば返信をもらうことが出来ます。

僕自身、優待コードについての質問をしたところ、数日で返信がきました。

マインドマイスターの優待コード入手方法について【MindMeister】|招待コード最近マインドマップに興味が出てきたため、マインドマイスターというツールを利用してみることにしました。無料プランでも利用は出来るのですが、作成できる枚数が少ないため、有料プランにアップグレードしようとしたところ、優待コードの入力欄があった為、運営にどこで入手できるのか、問い合わせてみました。...

無料プランでも丁寧に返信してくれるところに、好感がもてました。

リアルタイムコラボレーションは、例えばWEBブラウザとスマホのアプリの両方で作業している場合、片方で変更した内容がもう片方にも即座に反映されます。

マインドマイスター公式サイト

パーソナル

ベーシックでマインドマイスターを触ってみて、良いなと思ったらパーソナルプランへの検討を考えるという流れが一般的かと思います。

パーソナルプランで出来ること

パーソナルプランでは、ベーシックプランに加えて、以下の機能が解放されます。

  • マインドマップが無制限で作成可能
  • ファイルやイメージを添付出来るようになる
  • イメージを出力(エクスポート)可能
  • PDFを出力(エクスポート)可能
  • マインドマップが印刷できる
  • サポートを優先的に受けられる

無料プランのベーシックに比べて、かなり色々出来るようになっています。

なかでも、

  • マインドマップが無制限で作成可能
  • ファイルやイメージを添付出来るようになる

この2つは非常に大きな違いと言えると思います。

無料プランでマインドマップを作成することに慣れると、どうしても3つ以上マップを作りたくなってしまいます。僕もベーシックからパーソナルプランにアップグレードした最大の理由は作成できる数が足りなくなったからです。

また、画像やファイルを添付出来ることで、マインドマップの便利さが格段に上がるので、より使いやすくなります。

他にも印刷できるようになることで、電子よりも紙の方が好きな人の要望にも応えられるようになっています。

マインドマイスター公式サイト

プロ

プロ以上になってくると、個人だけでなくチームでマインドマップを活用したい向けのプランになっています。

プロプランで出来ること

プロプランでは、パーソナルプランに加えて、以下の機能が解放されます。

  • 複数チームメンバーでの利用可能
  • 管理アカウントで一元管理可能
  • G Suiteとの変換可能
  • Wordで出力(エクスポート)可能
  • PowerPointで出力(エクスポート)可能
  • PDFで出力(エクスポート)可能
  • 各種スタイルをカスタマイズ可能
  • テーマをカスタマイズ可能

個人での利用のみを考えている人は、選択しなくてもよいと思いますが、チームでマインドマイスターを利用したい場合は、プロプランにすることで共有が可能になります

最近は企業もパワポではなく、マインドマイスターを使ってプレゼンをしたり、情報共有をしているところもあるようなので、今後はこういったツールでの活用事例も増えていきそうです。

マインドマイスター公式サイト

ビジネス

ビジネスプランを利用する対象は大手企業や、コンプライアンスに厳しい企業などが対象になるかと思います。

ビジネスプランで出来ること

ビジネスプランでは、プロプランに加えて、以下の機能が解放されます。

  • グループが設定できるようになる
  • 自前のサーバーにバックアップできる
  • 専用のドメインでアクセス可能
  • 複数の管理者を設定できる
  • 追加で週末サポートを受けられる(=365日サポート)

セキュリティ的に管理を厳しくする必要があったり、より沢山のユーザー(社員)がいる場合には検討してもよいと思いますが、そうでない場合はこちらのプランを選ぶ必要はなさそうです。

マインドマイスター公式サイト

マインドマップの無料書籍

Kindle Unlimited版なら、描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップが無料で読めますので、書き方が分からない人は参考にしてみてください。

まとめ

僕自身はマインドマイスターのパーソナルプランを契約して作業していますが、これ以上プランをアップグレードする必要はないかなと思っています。

無制限にマインドマップが作成できて、ファイル・画像などを添付が出来さえすれば、個人で使う分には十分すぎる内容だと思います。

マインドマップを使う前と後では、思考をより具体的な内容まで落とし込めるようになったと感じるので、まだマインドマップを使ったことがない人は、マインドマイスターの無料プランで実際に作成してみることをおススメします。

スマホアプリも使いやすいので、移動中でも使えるのが便利です。

マインドマッピング - MindMeister

マインドマッピング – MindMeister
開発元:MeisterLabs
無料
posted withアプリーチ