プログラミング

【Python】NumPyの統計関数一覧

PythonでNumPyを使用するにあたり、統計関数というものが出てきたのでまとめておきます。

統計関数

NumPyの統計関数は、ndarray配列全体、あるいは特定の軸(axis)を中心とした統計処理を提供する。

sumやmeanといった集計処理(次元削減(配列の次数を下げる処理)とも呼ばれる)や、標準偏差を求めるstdは、ndarrayのインスタンスメソッドとしても、NumPyのトップレベル関数としても呼び出すことが出来る。

sum

配列の和を、指定された軸に沿って取る。
長さ0の配列に対しては0を返す。

mean

算術平均。

長さ0の配列に対してはNaNを返す。

std、var

標準偏差、分散。

自由度のデフォルト値はnで、任意の値を指定可能。

min、max

最小値、最大値。

argmin、argmax

最小値を持つ要素のインデックス、最大値を持つ要素のインデックス。

cumsum

累積和。

0に1番目の要素を加えたもの、その結果に2番目の要素を加えたもの…というように、累積の和を逐一返す。

cumprod

累積積。

0に1番目の要素を掛けたもの、その結果に2番目の要素を掛けたもの…というように、累積の積を逐一返す。